遺伝によって薄毛になる可能性は高いです。その対策方法はあるのか?

薄毛には遺伝が関係する?

薄毛は本当に遺伝だけで決まるのでしょうか?  自分の両親が薄毛になっている、祖父母が薄毛だった、親戚が薄毛の人ばかり、など特に血縁関係の強い人ばかりが薄毛になっていれば、自分も薄毛になるのではないかと心配でしょう。 では、本当に薄毛になるか遺伝だけに起因するものなのでしょうか?その答えはNOです。薄毛には、少なからず遺伝は関係しますが、遺伝が100%といったわけではありません。 この事実を知ることで、薄毛は遺伝によるものだと諦めなくて済みます。

親族に薄毛が多いと危険?

 薄毛になるのが遺伝だと一度や二度ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?親戚が集まったときに周りを見ると、薄毛の割合が多いと不安になりますよね? それでは、実際親族に薄毛がいるとどのくらいの確立で薄毛になるのかを見ていきましょう。まず、自分の両親は必ず関係してきます。  まず、あなたは母親と父親の両方の遺伝子DNAを受け継いでいます。そのDNAの中には薄毛遺伝子というものがあると言われています。 その薄毛遺伝子を強く受けるのが母親のDNAになります。(最近では、母親だけでなく父親の方のDNAに含まれている可能性も高くなってきています。) 母親が薄毛でなければ、自分は安心?そんなことはありません。  では、その続きをみていきましょう。

薄毛は母親側の祖父が関係する?

 自分の母親が薄毛でなければ安心といったことではありません。女性は女性ホルモンが分泌されることで脱毛を抑止しています。 そのため、女性は男性と比較すると薄毛にはなりにくくなっています。あなたがもし男性の場合、母親の父(あなたの祖父)が関係してきます。 あなたの母親側の祖父が薄毛の場合、あなたも薄毛になる確率があがります。  しかし、それで100%ではありません。どうしても遺伝的に男性ホルモンの分泌が多くなるまた、アンドロゲン受容体の結びつきやすい方はいらっしゃいますが、 遺伝であってもしっかりとした薄毛治療や正しい薄毛対策を行うことで、薄毛の進行は抑えられます。遺伝的な要素(髪の毛が少ない、 髪の毛が細い)による薄毛は個人での改善が難しく問うクリニックや知識と経験のある医師に診てもらうことで遺伝による薄毛に困らなくて済むかもしれません。

薄毛には男性ホルモンは遺伝によっておおよそ決まる

 男性と女性の薄毛の割合が大きく異なるのは、この「男性ホルモン」の分泌に差があります。
 この男性ホルモンですが、男性にだけ分泌されるものではなく、女性でも分泌されています。
 男性だけでなく女性でもこの「男性ホルモン」の分泌が過剰な方は、男性に似た薄毛の症状で悩まされています。
 人によって男性ホルモンの分泌はある程度、遺伝によって決まっています。
 男性ホルモンを減らそうと外部から女性ホルモンを男性の体に入れると、ホルモンバランスが崩れ、男性らしい体つきでなくなったり、筋肉量が落ちたりと男性らしさとは少しかけ離れてしまいます。
 その代わりに、男性ホルモンの分泌が抑えられることで薄毛の進行が緩やかになったり、肌のキメが細かくなったり、胸が発達してきたりと、女性らしい体つきや見た目に近づいていきます。

男性ホルモンの量は遺伝で決まる?

 男性ホルモンの量は遺伝的な要素が強く、両親のDNAで子供のDNAも決まるわけですが、特に影響を受けやすくなっているのが、母親側の父が薄毛かどうかが大きなポイントになります。
 母親側の父いわゆる祖父の遺伝子を受け継いで薄毛になりやすい。それがよく耳にする「隔世遺伝」です。
 母親は女性ホルモンの分泌により薄毛を抑制できるところがありますが、あなたは祖父の薄毛の遺伝子を引き継いでいる可能性がかなり高くなるのです。
 両親が薄毛ではなくともあなただけが薄毛になるのはこの隔世遺伝によるものが強くなります。それによって男性ホルモンの分泌が決まり、薄毛になる確率が上がってしまうのです。

女性だから安心できるわけではありません。

 薄毛の原因の多くは「男性ホルモン」によるものが多いですが、近年女性の薄毛が深刻化しているのはごぞんじでしょうか?
 女性の薄毛の原因としては、男性ホルモンによる方もいらっしゃいますが、生活習慣の悪化、毛髪ケアのし過ぎ、食生活、睡眠不足、ストレス、などが複合的に絡み合い薄毛につながる方が増加しています。
 原因が複合的になれば薄毛治療を行ったとしても改善までに時間を要したり、期間がかかったりすることがありますので、女性で薄毛にお悩みの方は当クリニックまでご相談ください。

男性も女性も遺伝による薄毛の対策は?

女性と男性の薄毛治療①

 まず、薄毛治療の方法もさまざまありますが、男女で薬の違いはあります。
 男性は服用可能なものであっても女性には禁忌とされているものがあります。
 それは、フィナステリドを含むプロペシアになります。それに類似するジェネリック薬も同じです。
 女性が薬を服用しようとすると女性用のもの(パントガール)になります。服用する薬には違いがありますが、ミノキシジルを含んだリアップは、
 男性用のものと女性用のものが販売されているため外用薬であれば可能になっていたりします。

女性と男性共通の薄毛治療②

 次にお伝えすることが薄毛の方もすぐに髪が復活するということで、すぐにでも戻したいという方に支持されているのが「植毛」です。
 この植毛には、人口毛を植えつけるタイプと自毛を植え付けるタイプの2種類がありますが、どちらも男性や女性に関わらず受けることが可能になっております。

女性と男性共通の薄毛治療③

 近年、一部のクリニック、皮膚科、AGAに特化したクリニックでHARG療法(ハーグ療法)を採用している場所が増えてきています。
 このHARG療法も植毛と同様に男性と女性の両方が受けることができます。針やそれに類似したものでグロースファクターやビタミンなどを直接頭皮に注入する方法のため、
 性別を問わずできるものになっています。そのほかに血行促進や頭皮ケアによって発毛を促進させたり頭皮環境を改善するケアを行っている場所もあります。

 これらは男性と女性で行える薄毛治療の種類の一例になります。この他にも各機関によって異なる方法が存在したり、
 本来であれば男性しか服用しない薬も機関によっては女性にも処方することがあるようなので、各医療機関で確かめるようにしましょう。

遺伝子による薄毛は解決できるのか?

 薄毛の悩みは人それぞれですが、遺伝による要因の他にも薄毛の要因は様々あります。
 まずは、薄毛の原因を知ることが一番の解決策への近道となっています。
 最近では、遺伝子の採取を行い遺伝子的に薄毛になりやすい人なのか、またどういった治療薬がその方に好ましいのかが高い確率でわかるようになってきました。
 少しだけ薄毛の遺伝子検査についてみてみましょう。

薄毛の遺伝子検査

 薄毛の遺伝子検査を受けることによって、どのような薄毛治療薬がその人に合っているのか、DNAで薄毛になりやすい体質なのか、将来自分が薄毛になる確率が高いのかなどを知ることができます。
 しかし、これは男性に限って行われているのがほとんどになります。この薄毛遺伝子は、男性型脱毛症になりやすいタイプなのかをチェックするもので、
脱毛に関連する遺伝子AR(アンドロゲンレセプター)遺伝子の感受性の強さを検査するものになっています。
 さらにその人が男性型脱毛症AGAを発症しやすいのかがわかるだけでなく、遺伝子的に薬(フィナステリド)の効果があるのか、または効果が出にくい体質なのかも知ることができます。

遺伝子検査で分かるAGAになる可能性

 AGA治療を行っているクリニックでは、”AGAの遺伝子検査”を行っているところもあります。
 薄毛やハゲになる原因は、遺伝による影響が大きいと言われますが、その原因となる遺伝子が体内に存在してるかを検査することが可能です。
 将来、薄毛やハゲになる可能性が高いという検査結果が出たら、早期に対策を行う必要があります。
 今回は、AGAの遺伝子検査について、その特徴や注意点などをご説明していきます。
 姫路で遺伝による薄毛が気になる男性は、これを読んで遺伝子検査も検討してみましょう。

AGAの遺伝子検査とは

 それでは、AGAの遺伝子検査について解説していきます。
 まず、AGAの遺伝子検査とは、遺伝子の配列によりAGAになりやすいかどうかを確認するものです。
 検査によって調べる遺伝子は、男性ホルモンの活動に関係する遺伝子であり、その活動状態によってAGAになやすいかどうかを判断します。
 5αリダクターゼⅠ型、Ⅱ型どちらの影響を受けやすいのかも調べられます。
 しかし、薄毛に関係する遺伝子は他にも存在するため、AGAの遺伝子検査では薄毛になりにくいと判断されたとしても、将来薄毛になる可能性はあるので注意してください。
 あくまでも、検査結果では”AGAが発症してハゲになるリスクが低い”ということが分かるだけです。

遺伝子検査の特徴

 続いて、AGAの遺伝子検査の特徴についてもご紹介していきます。

(1)一度の検査でOK

 AGAの遺伝子検査は、年齢を重ねても変化をしない遺伝子を検査対象としているため、一度検査を受けたらその先何年経っても受ける必要はありません。
 また、検査方法も口内の粘膜を採取するだけで良いため、痛みもありません。
 そして、2週間程度で検査結果が分かりますので、気軽に受けることが出来る検査と言えるでしょう。
 家系に薄毛の人がいる方は、遺伝によって自分が薄毛になりやすいのか、早めに検査をした方が良いかもしれません。

(2)有効成分の効き目が分かる

 AGAの遺伝子検査では、AGAになりやすい体質かどうか以外にも、発毛の有効成分「フィナステリド」の効き目についても判別可能です。
 フィナステリドは、AGA治療薬に含まれている有効成分であり、男性の薄毛治療によく使用されます。
 検査によって、フィナステリドが効き易い体質なのか、効き目が出にくい体質なのかが分かります。
 フィナステリドには副作用も存在するため、効果が薄い方の場合、別の薬や治療法に切り替えた方が良いでしょう。

(3)自宅で検査可能

 病院やAGAクリニックに行くのが面倒という方は、自宅で検査を行うことが可能です。
 検査キットに書かれている手順に沿って粘液を採取し、それを検査機関に郵送するだけでOKです。
 2週間程度で、検査結果が送られてくるため待っておきましょう。
 病院やクリニックに行くのに、周りの目が気になるという男性は、自宅で検査してみるのも1つの方法です。

遺伝子検査の注意点

 AGAの遺伝子検査は、将来薄毛になるリスクを早期に発見することが可能となります。
 しかし、メリットだけでなく注意点も有りますので、検査を受ける前に理解しておきましょう。

(1)費用が高い

 AGAの遺伝子検査には、1回1万5千円程度の費用が掛かります。
 人生の中で一度受ければ良いだけですが、それを高いとみるか安いとみるかは人それぞれでしょう。
 安いと感じた方は、一度検査を受けても良いかもしれません。

(2)全ての薄毛の原因は分からない

 AGAの遺伝子検査の結果では、AGAが発症しにくいと判断された方でも薄毛になることがあります。
 AGAの遺伝子検査では、薄毛に関係のある一部の遺伝子を検査するだけですので、全ての薄毛になる原因が判明する訳ではありません。
 薄毛に関係する遺伝子は膨大な種類が存在しますし、その時の環境にも左右されるため、全ての薄毛になる遺伝子を検査することは現実的に不可能です。

5.気になるなら一度検査を受けてみる

 ここまで、AGAの遺伝子検査の特徴や注意点をご紹介してきましたが、自分が薄毛になりやすいのか知りたい方は、一度病院やクリニックに行って検査を受けてみましょう。
 特に、以下の点に該当する方は、検査を受けることを推奨します。

  • 薄毛の家系の人
  • 育毛剤や発毛剤の効果が低い人
  • 最近抜け毛が増えてきた人

 AGA(男性型脱毛症)を含む薄毛になる原因は、早期に対策を行うほどその効果が発揮されやすくなります。
 AGAの遺伝子検査によって全ての薄毛になる原因が分かることはありませんが、少しでも薄毛になるリスクを低くしたいのであれば、検査するのが確実となります。
 姫路でAGAや薄毛になりやすいのか気になる方は、AGA・薄毛治療を専門とする当クリニックへご相談ください。
 姫路では数少ないAGA治療を専門とする医師が在籍しておりますので、薄毛の原因を突き止めることが可能です。

関連記事

PAGE TOP