薄毛の進行速度は?

薄毛の進行速度は?

薄毛の人が1番気になることは抜け毛が増え、薄毛を認識してからどのくらいの速度で進行していくのか気になるところでしょう。薄毛の進行が50年かけてゆっくり進行するのであれば、だれも薄毛治療を急いで行う必要はありません。

男性の脱毛症のほとんどが男性型脱毛症(AGA)になりますが、AGAの進行速度が比較的緩やかな方もいれば1年~3年ほどでかなり薄くなってしまう方もいます。男性型脱毛性(AGA)は、進行速度が人によって異なるものの、治療せずに放置しておくとどんどん薄毛が加速していくことがわかっています。
人によっては薄毛になっていく速度がかなり速い方もいるので、抜け毛が増えた時点や薄毛だと気づいた時点でクリニック、医療機関での薄毛治療相談がお勧めです。

薄毛になる年齢は?

薄毛になる年齢は人それぞれで一般的には、男性ホルモンの分泌が増えてくる思春期を過ぎた頃からになります。そのため早い方では10代後半の頃から体毛の増加や薄毛に悩んでいる方もいます。一般的にはAGAでは、20代後半から30代前半にかけて薄毛に悩む方が増加していきます。その他の脱毛症の場合、壮年性脱毛症であればもう少し遅くなり、抜毛症であれば、年齢や性別関係がないため脱毛症の理由によって異なっています。

一般的なAGAによる薄毛の進行速度は?

先ほどお伝えした薄毛の進行が早い方では1年、2年でかなり薄くなってしまいます。一般的には薄毛を認識してからおよそ5年から10年の期間をかけて薄毛が深刻になるとされています。男性型脱毛性(AGA)の場合、進行する部位は頭頂部、もしくは生え際からの進行がほとんどになってきます。中には、生え際と頭頂部の両方から薄毛が進行していく方がいらっしゃいます。自分が薄毛だと認識された方はできるだけ早く薄毛治療や相談を行うことをお勧めしております。
薄毛がかなり進行してから薄毛治療を受けるのではなく、早い段階で行うことが改善されやすくなっております。

その他の脱毛性の速度

今までお伝えした脱毛症は、基本的に男性型脱毛性(AGA)についての薄毛の進行についてでした。しかし、脱毛症が異なると薄毛が加速する速度も異なってきます。例えば円形脱毛性を患っている方は、早ければ 1ヵ月や2ヶ月で大きく目立つほどの脱毛につながることがあります。脱毛症の中でも、比較的脱毛の速度がゆっくりなものが壮年性脱毛症になります。壮年性脱毛症の場合、大きな原因としては加齢になります。そのため一気に抜けていくのではなく、全体的に少しずつ薄くなっていく特徴があります。

薄毛の進行が停止することがある

薄毛を認識してから薄毛が進行し、ある程度進行したところで進行が止まる方がいらっしゃいます。
脱毛症が男性型脱毛性(AGA)の場合、薄毛治療薬の服用や発毛剤・育毛剤を使用しない限り、薄毛の進行が止まる事はなく進行を続けます。薄毛の進行が途中で止まった方は、男性型脱毛性(AGA)ではなかったということがほとんどです。そういった方は、脱毛症の原因が他にあるということが考えられます。例えば強いストレス、生活習慣の乱れ、睡眠不足、暴飲暴食などによる食生活の乱れなどが、重なることで薄毛が進行する方がいます。そういったケースでは、その原因が解消することで薄毛の進行が止まり、中には髪が戻ってくる方もいらっしゃいます。

まとめ

ここまでご紹介したように薄毛の進行は種類によって速度が異なります。脱毛症の見極めは自分では難しく、間違った自己ケア、異なった判断をすることで改善が遅くなってしまったり、改善しなくなる可能性もあります。薄毛は初期段階で治療することで改善されやすくなっているため、当クリニックでも早めの薄毛治療をお勧めしております。

関連記事

PAGE TOP