薄毛治療を行うと白髪が減少するって本当??

白髪が気になってくる年齢

 薄毛と白髪が増えてくる時期には個人差があるのはみなさんもご存知でしょう。
 白髪が増えてくる年齢には個人差はありますが、平均すると30代からになるでしょう。
 これは薄毛で悩む方が増える年齢とほぼ同じになっています。
 薄毛で抜け毛が増えてくるのと同じで、初めて白髪を見つけた際は多くの方がショックを受けることが多く、切ってしまったり抜いてしまう方が多くなっています。
 薄毛より改善や目立たなくするのは、白髪の方が簡単?それでは薄毛同様多くの方が悩まれている白髪ついてみていきましょう。

白髪とは?

 毛は元々色素のないものです。そこに色素細胞が取り込まれ黒色であったり、金色、茶色と色素の種類や量により色が付きます。白髪の場合は何らかの原因により色素細胞が欠如した状態になります。

白髪の原因は?

 白髪の原因も薄毛の原因と類似しており、遺伝的な要素、加齢的な要素、後天的な要素(ストレスなど)これが原因だということが言われています。
 白髪も薄毛も遺伝的な要素は少なからず関係しています。
 特にこの遺伝による白髪が出てくるのは、10代~30代の比較的若い世代で出る方は、この遺伝的な要素が強くなっています。
 二つ目の加齢は、みなさんに可能性はありますが個人差で人によって早いや遅いは多少あります。
 最後の後天的な要素ですが、これは日々のストレス、体調不良、栄養の偏りなどから起こるものが多くなっています。

白髪は薄毛治療で戻るのでしょうか?

 薄毛治療を行っている方で白髪の量が減ってきたと実感される方がいらっしゃいます。
 薄毛治療は白髪を戻すためではなく、薄毛の部分の毛をしっかり育毛すること、薄くなった部分から発毛させることが本来の目的です。
 しかし、なぜ薄毛治療を行っている方で白髪の量が減ったりするのでしょうか?
 白髪が改善された理由のひとつに、しっかりとした頭皮ケアを行うようになったことで髪への栄養も届くようになり発毛や育毛だけでなく、既存の白髪も減ったということがあります。
 この理由の場合、遺伝的な要素であればあまり薄毛治療を行っても白髪の変化はあまりなかったりとすべての方で実感されるわけではありません。

白髪が急に出るのは何かのサイン?

 今まで白髪がなく、急に増えたという場合は何かのサインかもしれません。
 白髪の原因のひとつに後天的な原因によるものもあります。
 この後天的な要素とは、食生活の変化、睡眠不足、精神的・身体的なストレス、精神的なショック、などが考えられます。
 急に白髪が増えたというのは、身体的や精神的なところに異常が出ているサインかもしれません。
 急激に白髪が増えた方は以前の生活と大きく変わった部分を把握し、その原因を改善することで白髪を数カ月で減少させることができるかもしれません。

薄毛と白髪の同時進行タイプ

 薄毛も気になり白髪も増えてきたという方は多く、まず初めにどちらからケアすればいいのかわからないという声をよく耳にします。
 まず、当院のような専門機関へご相談されて、原因を知ることが近道でしょう。
 薄毛と同様に白髪にも原因があるので、どちらを先にケアする方が良いのかというアドバイスももらえるでしょう。

関連記事

PAGE TOP