薄毛に悩む方の髪型と薄毛を隠す方法

みなさんが薄毛治療の前に行うこと

みなさんが薄毛治療の前に行うこと

 薄毛を認識し始めた方が行うことが、市販のシャンプーや育毛剤による自己ケアによる方法と薄毛をできるだけ目立たなくするために隠すという方法のどちらかを選ばれることが多いです。
 そのほかに頭皮マッサージを行ったり、発毛育毛サロンに通われたりすることもありますが、まずはできるだけお金をかけずに薄毛の改善を目指すことが多いです。
 こちらでは、薄毛の隠し方で多い方法をご紹介いたします。

手軽でおしゃれな帽子

 薄毛を帽子で隠すことが一番手軽に他人にも気づかれずに済む方法かもしれません。
帽子にもさまざな種類がその日の気分やファッションに合わせて選ぶことが可能で、多くの薄毛の方に利用されています。
 帽子の値段も数千円~と手ごろで普段帽子で薄毛を隠している人だと3つ以上所持されていることが多くなっています。
でも、帽子をかぶるとさらに薄毛が進行してしまうのではないかという心配の声も聴いたことがあるのではないでしょうか?では、帽子で薄毛を隠すメリットとデメリットを見ていきましょう。

帽子で隠すメリットは?

 薄毛を隠すのに帽子を使うメリット。大きなメリットはやはり帽子をかぶることで髪や頭皮をすべて隠すことができるので、薄毛のことをほかの人にばれないことでしょう。
 帽子をかぶっている際は、本人も薄毛の部分を見られたりすることがなく気にせず過ごせます。
心理的に帽子をかぶるだけで安心できるというポイントはおおきなメリットでしょう。
 そのほかには、夏場の強い紫外線を防ぐことができるということです。
夏場の強い紫外線は髪にダメージを与えるだけでなく、頭皮にもダメージが及んでしまいます。
 帽子は頭皮や髪への直接降り注ぐ紫外線をカットしてくれる役割を果たしてくれます。
 あとは上記でお伝えしました、手軽な金額から購入することができるため、気分やオシャレで買えることができるというポイントです。

帽子で隠すデメリットは?

 やはり帽子をかぶることでのデメリットも存在します。デメリットのひとつは、帽子をかぶることによって通気性が悪くなることです。
 通気性が悪いと何が起こるかということですが、汗や蒸れの原因、蒸れることにより頭皮の菌が繁殖する、炎症などを引きおこす可能性がある、などの問題が出てきます。
 これらは通気性の良い帽子をかぶる、帽子を洗濯やクリーニングで清潔に保つ、シャンプーで頭皮の汚れをしっかり落とすなどを心がけることができれば、そこまで問題視する必要はないでしょう。
 もうひとつのデメリットは、帽子をかぶることによって頭皮の血行を悪くしてしまう可能性があります。それは、サイズの合っていない帽子をかぶることです。
 帽子を購入する際は、サイズの調整できるものであったり、髪が長くなりボリュームが増えたとき用など、数種類あると便利かもしれません。

髪型でカバーする

 薄毛の進行度により帽子に頼らず自毛をうまくセットすると隠すことも可能です。おでこのM字部分が気になる方は前髪で隠すこともある程度できます。
 頭頂部が薄くなっている場合は髪の毛を横分けに流すことで隠す方法や頭頂部で髪の毛を束ねるようにするとカバーすることもできます。
 そのほかに思い切って丸坊主にするといったことも薄毛を隠す方法です。

薄毛に悩む人の髪型

薄毛に悩む人の髪型

 薄毛の人が悩むことのひとつに髪型があります。薄毛になってくると似合う髪型が少なくなってくる、選べる髪型が少なくなってくる、薄毛をどうやって隠すべきなのか、など多くの方が悩まれています。
 行きつけの美容院や理容室で気軽に相談ができる方は、美容師の方や理容師の方と相談しながら決めることでその人に合った髪型を提案してくれる可能性があります。
 しかし、行きつけの場所がなかったり、いろんな場所で髪を切りたい方には、初めて行く場所で薄毛に似合う髪型を相談しづらい状況になるかと思います。
そんな方のために薄毛の人でも比較的似合う髪型のお勧めをまとめてみました。

まずは、NGな髪型

 できるだけ薄毛の人も髪型やオシャレにはこだわりたいはずです。薄毛の人は今現在の薄毛と向き合っていく必要があります。
そのため、NGな髪型はその薄毛を必死に隠そうとすることです。
 薄毛の部分があることをしっかり認識し、無理に隠すのではなく、薄毛の部分をカバーしつつ、目立たないような髪型にしましょう。
髪型だけで薄毛を隠すことは難しく、隠すのを選ぶのであれば薄毛治療に積極的に取り組むようにしましょう。
 薄毛治療を行い毛がしっかり戻ってくれば、好きな髪型も楽しめ、気になるところもカバーできるでしょう。

男性にお勧めの髪型

 男性で薄毛にお悩みの方にお勧めの髪型が、ショートヘアになります。男性のショートヘアは、若い世代だけでなく40代や50代の薄毛に悩む方が増える年齢の方など、幅広い年齢層に支持されます。
 やはりショートヘアの男性は清潔感があり、紳士的なイメージが持たれやすく好印象につながります。生え際が薄い方も全体的に髪が短いことで、薄い部分と自然になじみやすくなっています。
 頭頂部だけが少し薄くなっている方はサイドは少し短めで頭頂部だけ少し長めに残すことも全体のバランスがとれ、見た目でも薄毛の部分が目立ちにくく良いでしょう。

女性にお勧めの髪型

 女性は男性とは少し異なり、薄毛の部分をできるだけ隠せる髪型が支持されています。
女性の場合、髪の長さに関わらず全体的に髪を乾かす際のドライヤーでふわっとしたボリュームを持たせます。
 全体的にボリュームを持たせることで分け目の部分や全体的に薄くなっている部分が目立ちにくくなります。
 生え際が少し薄くなっている方は、ポニーテールや髪のアップスタイルは控えるようにしましょう。
 髪を引っ張ることでさらに抜け毛が増え薄毛が進行する可能性があります。薄くなった部分を補おうとエクステをその部位に着けることは、NG行為です。
 髪が細く抜けやすい部分に髪を括り付けることで、外す際や装着している際に引っ張られることで一緒に抜けてしまいやすいです。

薄毛との付き合い方

 男性と女性では薄毛の付き合い方が少し異なっています。
女性はできるだけ薄毛の部分をカバーできるような髪型、男性の場合は薄毛になっても無理に隠すようなものではなく、薄毛の部分を認めそれと付き合っていく髪型が支持されやすくなっています。
薄毛で好きな髪型やオシャレに自信がなくなってしまったという方は、薄毛治療を行い、薄くなってしまった部分の改善に努めるのもひとつです。
 薄毛治療には、薄くなった部分を改善させようとされる方とできるだけ今の髪を維持していこうという方に支持されています。
一度薄くなってしまった場合は、以前のように戻すにも時間がかかります。
薄毛を認識した時点から薄毛治療に取り組みできるだけ維持させるというご案内も当クリニックでは行っておりますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

囲み枠b

関連記事

PAGE TOP