メディカルスキンCLクリニック

姫路AGA治療・発毛治療はメディカルスキンCLクリニック

女性の妊娠中の薄毛対策、姫路で薄毛治療のことならメディカルスキンCLクリニックへご相談ください。

女性の妊娠中の薄毛対策

妊娠中の薄毛ケア

妊娠中の薄毛ケア

 女性が妊娠している際に、控えるべきことは多いです。タバコ、飲酒、薬、食生活などと同様に過度なヘアーケアは控えるべきでしょう。
 シャンプーやトリートメントは問題ありませんが、ものによってはアレルギー反応を起こしやすかったり、皮膚炎になってしまったりすることがありますので、妊娠中に新しいシャンプーやトリートメントに替える方は注意しましょう。
 皮膚炎やアレルギー反応が出てしまった場合、それらの薬が胎児に影響を及ぼすものだとそれを使用せずに治すことになりますので、期間がかかったり身体的につらいことににもつながるでしょう。

気をつけたいカラー剤

気をつけたいカラー剤

 妊娠中に気をつけたいのが、カラー剤や白髪染めに含まれる成分です。カラー剤や白髪染めに含まれる成分が頭皮から浸透していく経皮投与であっても、今現在のところ発がん性や胎児に影響があるとの報告はありません。
 しかし、カラー剤や白髪染めに含まれるジアミン系は胎児ではなく、母親の体に異変を招く可能性はあります。ジアミン系のアレルギー反応は今までどうもなくとも急に症状が現れるようになるため注意が必要です。

妊娠中や出産後に控えたいこと

妊娠中や出産後に控えたいこと

 カラー剤や白髪染めは今のところ、発がん性や奇形児などの報告はありませんが、妊娠中以外にも体調不良の際、生理中、病気を患っている場合などは使用を控えるべきといった記載があります。
 やはり免疫力が落ちている際は、アレルギー反応の可能性のあるものはできるかぎり控えた方が良いです。生活のリズムやホルモンバランスの乱れで白髪が増えても、使用する際は体調のことを考えて行いましょう。

妊娠中の白髪が気になる場合

妊娠中の白髪が気になる場合

 妊娠中の生活になると白髪が増えてどうしても気になるという方は、ジアミン系を成分に含んでいないものの使用するようにしましょう。万が一母親の体や頭皮に異常が出ると大変です。
 普段通われている美容師さんに相談されて、ジアミンの含んでいない薬剤に替えてもらうか、ヘナやヘアマニュキュアで済ませるようにしましょう。
 特に肌が敏感になっていたり、体に疲労が溜まりやすかったり、免疫が低下している妊娠中はカラーや白髪染めの回数を減らすことや、低刺激のものに替えるようにしましょう。

出産後のケア

出産後のケア

 出産後であれば、カラーや白髪染めも大丈夫です。しかし、出産後は抜け毛や薄毛になりやすくこの時期のカラー剤や白髪染めは頭皮へのさらなる負担になります。
 出産後は女性ホルモンの分泌が乱れるため、薄毛になりやすくなっています。そういった頭皮の不安定な時期に、刺激の強いカラー剤や白髪染めをしようすることで、薄毛が進行してしまう可能性があります。
 出産後だからと安心せずに、抜け毛や薄毛が気にならなくなってからカラー剤や白髪染めを使用する方が良いでしょう。

その他の薄毛治療情報を確認する

薄毛治療関連情報