メディカルスキンCLクリニック

姫路AGA治療・発毛治療はメディカルスキンCLクリニック

日本の薄毛治療薬は何?姫路で薄毛治療のことならメディカルスキンCLクリニックへご相談ください。

日本の薄毛治療薬

日本の薄毛治療薬とはいった?

日本の薄毛治療薬とはいった?

 日本の薄毛治療薬は、いくつかの種類があります。薄毛治療薬は脱毛の症状によって処方するものも異なり、男性が服用できるもの、女性が服用できるものなどに分けられています。

 ここでしっかり押さえていただきたいのが、薄毛治療薬も他の薬と同様に「副作用がある」ということです。薬には効果がある一方何らかの副作用があります。薄毛治療薬を希望される方には、当クリニックでは薬の副作用もお伝えしております。
 薄毛で悩んでいる方や薬の服用を考えている方は、当クリニックでご質問や副作用の症状についてお尋ねください。

代表的な薄毛治療薬①「プロペシア」

代表的な薄毛治療薬①「プロペシア」

 日本で初めてAGAの治療薬として認可されたことで多くの方に知られているのが、有効成分フィナステリドを含んだ「プロペシア」になります。有効成分のフィナステリドが、体内の酵素5αリダクターゼの作用を抑制し、男性ホルモンと結合しDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える働きがあります。

 そのためプロペシアを服用することで、薄毛や抜け毛の進行が抑えられるといった効果が表れています。このプロペシアは女性や未成年への服用は基本的に禁止されています。

代表的な薄毛治療薬②「ミノキシジル」

代表的な薄毛治療薬②「ミノキシジル」

  先ほどご紹介したプロペシアと効果が少し異なるのが、市販化されていて有名な「リアップ」になります。リアップは、有効成分ミノキシジルを含んだ日本でも認可された発毛効果の着たいできるものになっています。

 ミノキシジルは血管拡張や髪の生成や成長のための細胞を活性化し、プロペシアと併用することでさらに薄毛の改善・発毛・育毛効果が期待できます。ミノキシジルを含んだリアップが市販化されているため薬の認識が薄れていますが、他の薬同様に副作用はあります。

新薄毛治療薬③「ザガーロ」

新薄毛治療薬③「ザガーロ」

 これは最近認可された比較的新しい薄毛治療薬となっています。有効成分デュタステリドを含む服用薬になります。デュタステリドはプロペシアに含まれているフィナステリドと同様に5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

 さらに、フィナステリドはⅠ型のみにでしたが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に作用するようになっているため、プロペシアで改善されなかった方にはお勧めの服用薬になるでしょう。このザガーロも成人男性のみで女性や未成年の方は服用できません。

まとめ

この3種類が日本で認可されている薄毛治療薬です。
 それ以外の薄毛治療薬はAGA専門クリニック、クリニック、皮膚科などが独自に配合しているものであったり、日本では認可されていないものが処方されることもあります。

 個人で薄毛治療薬の輸入を行っている方は、日本では見んかものも海外では販売されていたり、配合割合が異なったり、有効成分の含まれていない偽物が出回っていたり、ジェネリックと称し名前の違う効果のないものであったりと、多くのところで気をつけるところがあります。

 やはり、薄毛治療薬は個人輸入よりも安全・効果を得るためにも医療機関で処方してもらう方が賢明でしょう。効かない薬を飲み続けても効果がないどころか、薄毛が進行してしまうといった最悪の結果を招かないようにご自身で気をつけましょう。

その他の薄毛治療情報を確認する

薄毛治療関連情報